【筋トレ・ダイエット初心者向け】おすすめのジム用具

いつも読んで頂き、ありがとうございます。

今回は、筋トレ・ダイエットに興味がある方、始めたばかりの方向けに、「おすすめのジム用具」について書いてきます。

筋トレ歴7年の僕が、実際にジムで使用していて「これは必要」と思ったものをご紹介します。正直、ジムでも「これは必要ないだろう」と思うものも見ます。ただ僕自身もジムに通い出したばかりの頃は、最低限のモノだけしかしりませんでした。

ジム用具があることで、怪我の予防や、より効率的に筋肉へ負荷をかける事ができます。

(こちらにおすすめのサプリメントについても書いています)

おすすめのジム用具

ナップサック

これはまず絶対に必要なモノです。水筒、スマホ、その他のモノ、全部ここに入れられます。ナップサックが無いと、直接ジムに置いてる人も見ます。ただ床は土足なので、衛生的にもナップサックがある方が良いです。

このナイキのナップサックがおすすめです。デザインはもちろん、外側にチャックもついており、大きすぎず持ち運びに最適です。

 

パワーグリップ

次はパワーグリップです。これは買って置くべきものです。

パワーグリップはこのような利点があります。

・握力がなくなってきた→落下する危険を防ぐ
・手にマメができる→マメ防止
・懸垂、ラットプルダウン、デッドリフト、サイドレイズ、その他種目→使用可能
・握力に頼らない→より対象の筋肉へ刺激が入る
特にこのALLOUTさんのパワーグリップを使用しています。ゴールドジムのパワーグリップもあるんですが、値段が高いです。このパワーグリップは値段も安く、全然壊れません。今2年以上使用していますが、何も壊れていません。(100KG以上を使用していますが)

 

ベルト

最後にトレーニングベルトです。必要の有無は賛否分かれますが、初心者の方も必要だと思います。

トレーニングベルト使用→腹圧が高まる→腰の予防
腰は文字通り、要です。めちゃくちゃ大切です。腰を痛めると日常生活にも支障が出て、トレーニングもできません。
2種類ベルトを持っています。マジックテープ式と、革ベルト式。それぞれの特徴です。
マジックテープ式:持ち運びやすい。ウエスト調整しやすい。高重量に向いていない
革ベルト式:持ち運びにくい。ウエスト調整し辛い。高重量に向いている
コスパ、使用しやすさ、耐久性で選んでいます。僕はこの2つを最初に使用して、ずっと使えています。ベルトは正直潰れにくいので。

Follow me!

コメント

PAGE TOP